Fitbit Charge5 比較レビュー Charge4とLuxeとSenseと比較してみた!

Fitbit

Fitbit Charge5/Charge4/Luxe/Senseを知りたい人「同じFitbitだけど何が違うの?どの機種が買いなの?購入しようか迷ってるんだが選ぶ決め手が欲しい…」


こういった悩みに答えます。

本記事の内容

  • Fitbit Charge5とCharge4とLuxeとSenseの【機能/仕様の違い40点】や【私が注目する点】を一覧表や実体験を基に解説していきます。
  • Fitbitを6年ほど愛用している私のぶっちゃけ本音
  • それでも決めかねているあなたへ…


Fitbitの最新作である『Fitbit Charge5』 が2021年9月下旬に販売されます!
(初動価格は22,700円くらい)

また、同じトラッカータイプの『Fitbit Luxe』が2021年7月1日から販売されております!
(Charge5もLuxeもカラーディスプレイ搭載!)

あめあられ
あめあられ

最近のFitbitはトラッカータイプが熱い!

今回の最大の注目ポイントはFitbitが誇る機能が『Fitbit Charge5』にほぼ全て搭載されます
(心臓の健康管理(心電図)、ストレス管理、皮膚温度測定、NFC・Suica、今日のエナジースコア(Daily Readiness Score、などの機能です。)

付け心地のよいChargeシリーズに機能をほぼ全部載せた事でFitbit Charge5』は最強のフィットネストラッカーと言っても差し支えないです!

フィットネストラッカーでお気軽に「最先端の健康管理」を体験できます!

嫁

トラッカーなのに機能たくさんで凄いね!

ただ、Fitbitには個性あふれる機種が沢山ありますから、どれにしようか悩みますね~(汗

嫁

私に合うのはどれかな~?

そこで本記事では…

  • 『Fitbit Charge5』『Fitbit Charge4』『Fitbit Luxe』 『Fitbit Sense』 の4機種で比較し、機能や仕様の違い40点を実体験を基に紹介します
  • Fitbitを6年くらい愛用している私が 実体験を基に違いを説明する事で、実際の使用感などをご想像して頂け、『Charge5』『Charge4』『Luxe』『Sense』のメリットや違いを理解でき、あなたに最もふさわしい機種が分かります。
あめあられ
あめあられ

機種選び…お手伝いさせて頂きます!!

そして後半に「私のぶっちゃけ本音」を書いていきます。

※私のFitbit愛用歴は6年ほどです。
 ・初代chargeHRを約2年半愛用(2015年10月18日から2018年4月末まで)
 ・Fitbit Ionic約3年4ヵ月愛用(2018年5月25日~現在)

Fitbit Charge5とCharge4とLuxeとSenseの違い40点を解説します

Fitbit Charge5とCharge4とLuxeとSenseの違い40点の一覧表です。

機能一覧表

新機能や注目点

Fitbit Charge5 Fitbit Charge4 Fitbit Luxe Fitbit Sense
注目点 今日のエナジースコア ○(※1) -(※1) ○(※1) ○(※1)
ストレス管理(①皮膚電気活動スキャン)
ストレス管理(②ガイド付き呼吸セッションの実践)
ストレス管理(③ストレス管理スコアの確認) ○(※2) ○(※2) ○(※2) ○(※2)
皮膚温センサーによる皮膚温度測定
睡眠時の体温変動 ○(※3) ○(※3)
高い/低い心拍数の通知
心電図 ○(※4) ○(※4)
常時画面表示モード
Google Fast Pair ?(※5) ?(※5)
※1:近日対応予定です。また、Charge4は現時点では対応予定ではありませんのでご注意下さい。
※2:「ストレス管理スコアの確認」はCharge5、Charege4、Luxe、Senseのいずれも対応しています。
※3: Charge5やSenseのように皮膚温センサーは無いのですが、既存センサー(デバイス体温センサー)で毎晩の体温の変動を記録する事が可能です。但し、体温変動を確認するにはFitbit Premiumに加入する必要があります。
情報元:Fitbit公式の「Fitbitの体温追跡について」より
※4:『Sense』と『Charge5』は心電図測定機能が搭載されておりますが、心電図アプリ未承認の為、日本では使用できません。アメリカ、イギリス、ヨーロッパのいくつかの国などでは2020年10月より利用できております。
情報元:海外ウェブサイト「Reddit」の「Fitbit Sense EKG will be activated in Germany, Austria and Switzerland in October」より
※5:Fitbit公式で確認できておりません。大変申し訳ございません。

健康管理

Fitbit Charge5 Fitbit Charge4 Fitbit Luxe Fitbit Sense
健康管理 血中酸素ウェルネス(SpO2) ○(※6)
サイレントアラーム(スマートアラーム)
※6:2021年後半に対応予定との事です。

運動機能

Fitbit Charge5 Fitbit Charge4 Fitbit Luxe Fitbit Sense
運動機能 GPS 搭載
スマホGPS利用
上った階段数の計測(高度計) ○(※7) -(※7)
オンスクリーントレーニング(コーチ)
※7:Fitbit公式で明記されていません。あくまで著者の推測になります。
 ・Charge4が対応している為、Charge5も対応していると考えるのが自然かなと考えております。
 ・LuxeについてはFitbit公式に「高度計等の記載」等が無い為、未対応ではないかと考えております。
(但し、Luxe実機で確認した訳ではありませんので、万が一対応していたら…ごめんなさい!汗)

スマート機能

Fitbit Charge5 Fitbit Charge4 Fitbit Luxe Fitbit Sense
スマート機能 Suica ○(※8)
Fitbit Pay
Amazon Alexa 搭載
Googleアシスタント
音声による返信機能(Androidのみ)
単体での音楽再生
Spotifyの接続と操作 ?(※9)
急速充電
スマホ検索機能 -(※10) -(※10) -(※10)
※8 :「Suicaに対応したFitbit Charge4」であればSuicaを使用できます。
2021年3月頃以前に販売されたSuica未対応のFitbitCharge4」ではSuicaを利用できません。
Suicaを利用されたい方でFitbit Charge 4を購入される際は十分にご注意下さい!
(Suica対応と記載されたFitbit Charge5をご購入下さい!!)

※9:Charge5のSpotify操作ですが、2021/09/04時点で出来る・出来ないの両方の情報があります。
【出来るという意見】
○情報元:海外サイトの「Fitbit announces Charge5,teases future Google collaboration」より

【出来ないという意見】
○情報元:海外サイトの「Will Charge 5 have music control?」より
○情報元:海外サイトの「Fitbit Charge 5 vs Fitbit Charge 4: what you need to know」より

※10:スマートウォッチ型とInspire2(Tile機能)が対応しているものと認識しております。
但し実機で実際に確認していない機種も多いので、万が一間違っていたら…ごめんなさい(汗

仕様と特徴

Fitbit Charge5 Fitbit Charge4 Fitbit Luxe Fitbit Sense
仕様と特徴 重さ 29g程 30g程 26.2g程 30g程
バッテリー 最大7日間
GPS利用で最大x時間
最大7日間
GPS利用で最大5時間
最大5日間 6日間以上
GPS利用で最大12時間
耐水性能・水泳対応 ○(50m水深) ○(50m水深) ○(50m水深) ○(50m水深)
Fitbit Premium無料お試し期間 6ヵ月 3ヵ月(※11) 6ヵ月 6ヵ月
Wi-Fiチップ
スピーカー
マイク -(※12)
動作温度 -10°C~45°C -20°C~60°C -20°C~45°C -10°C~45°C
カラーディスプレイ
Charge5の特徴 Charge4より10%薄い
※11:Fitbit公式で明記されていません。あくまで著者の推測ですが3ヵ月かと思われます。
※12:『Charge5』については、通常のマイクは無いのですが、いびき検出用マイクが搭載されているという情報があります。
情報元:海外サイトの「Fitbit announces Charge5,teases future Google collaboration」より

デザインや材質

Fitbit Charge5 Fitbit Charge4 Fitbit Luxe Fitbit Sense
デザインや材質 本体の材質 アルミニウム、ガラス、樹脂 プラスチック樹脂製 ステンレススチール アルミニウム製ウォッチケース、ステンレススチール製リング
バックルの材質 アルミニウム製 ステンレススチール製 アルマイト処理済アルミニウム製 アルミニウム製
純正バンドの材質 シリコン製 エラストマー素材 シリコン素材 エラストマー素材
ベルトサイズ S サイズ:130~170mm
L サイズ:170~210mm
S サイズ:140~180mm
L サイズ:180~220mm
S サイズ:140~180mm
L サイズ:180~220mm
S サイズ:140~180mm
L サイズ:180~220mm
デザイナーアクセサリー
嫁

表で見ると違いが見えてくるね!

解説します

ここから『機能/仕様の違い』40点についてそれぞれ解説していきます。

今日のエナジースコア

「活動、運動、睡眠、心拍変動」等のデータから自分の体調をスコア(数値)で把握できます!

スコアを把握する事で運動強度や休息の判断が出来ます。

例えば「今日は強度あげて運動・活動しよう!」や「スコアがいつもより低い(疲労が溜まっている)ので、今日は休息して心身を回復しよう~!」を判断する事が出来ます。

気軽に「体調の状態」を把握したり「活動の指針」を決めらるのは、画期的な機能ですね!

また、スコアと体力レベルに沿って「活動方針の提案(※)」もしてくれます。

※「運動時の目標心拍数」、「その日の運動内容」、「ストレッチ」、「オススメのマインドフルネス」など

知識が無い方(「心拍数を使った強度調整」や「体動かしたいけど何やったらよいの?」という)でも、適切な内容の運動や休息を迷いなく気軽に実施できます!

もはやスマートウォッチ・トラッカーという域を超えたような機能ですね!(汗

本機能は『Charge5』と『Luxe』と『Sense』で対応してます。
※但し、Fitbit Premiumを契約する必要があります。

ストレス管理(①皮膚電気活動スキャン)

電気センサーにて皮膚の微小な電気活動を測定することで、ストレス、心の穏やか、気分を数値化し、記録・分析・把握できます。

また、計測時にマインドフルネスを実施する事でストレス軽減を数値で実感できます。

『Charge5』と『Sense』に搭載されています。

「ストレスにどう対応していくか」は現代社会で生きる人々の永遠の課題です。

自身のストレスを理解し、また改善して頂きたいとするFitbit社の試みは個人的には好感を持ちます。

ストレス管理(②ガイド付き呼吸セッションの実践)

「吸って」「吐いて」のガイドに沿った呼吸セッションを実施できます。

『Charge5』『Charge4』『Luxe』『Sense』のいずれも使用できます。

呼吸セッションを実施する事で1 日リラックスして、心穏やかに時を過ごせるかと思います。

ストレス管理(③ストレス管理スコアの確認)

心拍数、運動量、睡眠データに基づいた「ストレスマネジメントスコア(1~100の範囲)」を毎日確認できます。

スコアを知る事で、日常的に身体にストレスの兆しがあるかを確認する事が出来ます!

『Charge5』『Charge4』『Luxe』『Sense』で使用できます。

皮膚温度センサー

皮膚温度を測定できる機能です。

『Charge5』と『Sense』に搭載されています。

皮膚の温度を把握する事で、「発熱」や「女性の健康」などの身体の兆候を発見するのに役立ちます


※この温度測定は「新型コロナ感染の兆候を検知」という観点で注目されています。

温度測定と心拍数測定により「新型コロナウィルス感染者の内ほぼ半数を初期症状が出る前日に検知した」という報告があり、今後「コロナ等の実態解明と兆候検出の援助」そして将来的に「心臓病やその他病気を発見」を期待されています。

睡眠時の体温変動

『Charge4』と『Luxe』は皮膚温度を測定する専用センサーは非搭載なのですが、既存センサーにより毎晩の体温の変動を 検知 ・記録できます。

『Charge5』と『Sense』は専用センサーがある為、当然ながら測定できます

但し、Fitbit Premiumユーザー限定です。

高い/低い心拍数の通知

『Charge5』と『Sense』に搭載されています。

心拍数が高くなったり、低くなった際に通知してくれます。

「心臓に不安のある/疾患がある」方だけでなく全ての方が、「ストレス」や「体温」と合わせて「心拍数」を管理していくことは、健康上で今後まずまず重要な指針ではないかと個人的には考えております。

心電図

『Charge5』と『Sense』には心電図測定機能が搭載されており、心房細動を検知する事が可能です。

但し、本機能を利用するために必要な「心電図アプリ(ECG APP)の認証」が通っておらず、現時点で日本では使用できません

実は、アメリカ、イギリス、ヨーロッパのいくつかの国などでは2020年10月より既に利用できております。
情報元:海外ウェブサイト「Reddit」の「Fitbit Sense EKG will be activated in Germany, Austria and Switzerland in October」より

※日本でもAppleWatchは心電図機能の認証が通っております。Fitbitでも早く認証通らないかな…f^^

常時画面表示モード

『Charge5』と『Sense』が常時画面表示モードに対応しております。

『Charge4』や『Luxe』は未対応であり、画面を見る際に「ボタンを押す」や「腕を上げる」の動作が必要です。

「腕を上げる」動作はかなり雑に動かしても認識し画面表示してくれます。

なので、常時画面表示はあっても無くても困らないというのが私の感想です。

ただ、常時表示されないと困る方は当然いらっしゃるかと思いますので、常時表示が必須である場合は『Charge5』か『Sense』を選択される事をオススメします!

Google Fast Pair

本機能は『Charge5』と『Luxe』が対応しております。

※『Charge4』『Sense』は公式の情報がないので不明です…ごめんなさい(泣き

Google Fast Pair を一言で簡単に説明すると、GoogleのBluetoothペアリング技術の事です。

Androidユーザー限定にはなりますが、最初のセットアップが通常より簡単に出来る技術のようです。

正直「無いと困る~」って機能では無いので、個人的には無くても良いかな~と今のところ思ってます。

※…というか「Google Fast Pair」について、私はよく分かってません(汗

血中酸素ウェルネス(SpO2)

コロナで話題の血中酸素測定機能です。

相対的SpO2センサーにより血中酸素濃度を測定し、Fitbitアプリにて推定酸素変動量グラフを見ることが出来ます。

『Charge5』『Charge4』『Luxe』『Sense』のいずれにも搭載されている機能です。

※但し、『Luxe』に関しては、2021年後半提供予定とあり、本記事を記載している2021年9月19日時点ではまだ未提供になりますのでご注意ください。

サイレントアラーム(スマートアラーム)

スマートアラーム(サイレントアラーム)機能は、大きな音を出さず、腕が振動するだけのとても静かなアラーム機能です。

非常に優れた便利機能です。

出来れば本機能が付いてる機種を選ばれた方がよいと私は考えます。

この機能は『Charge5』『Charge4』『Luxe』『Sense』のいずれも使用できます

あめあられ
あめあられ

私、起きる際はもうこれしか使ってないです(笑

GPS搭載、スマホGPS利用

『Charge5』、『Charge4』、『Sense』にはGPSが搭載されております。
つまりスマホ無しで、単体でのGPS測定が可能です。

『Luxe』GPSを搭載されていませんがスマホ等のGPSを利用可能です。

GPS利用が想定される「ランニング、サイクリング、ウォーキング」などの際にGPS測定をしたい方に必須な機能となります。

ランニング等でスマホを持ちたいかどうかで機種の選択を絞ることができます。

  • ランニング等でスマホを持たない方
    ⇒ 『Charge5』、『Charge4』、『Sense』
  • ランニング等でスマホを持つ方
    ⇒ 『Luxe』

スマホを持たずにランニングすることの快適さを知っている私としては、『Charge5』、『Charge4』、『Sense』をオススメします!

上った階段数の計測(高度計)

『Charge4』、『Sense』で測定できます。
『Luxe』で測定できません。

『Charge5』は公式情報で確認できていませんが、『Charge4』が対応している以上、まず間違いなく『Charge5』にも搭載されるかと思います。

階段数は正確には計測されず、あくまで目安の値です。

※個人的なお話ですが、Fitbit購入当初は興味深々でよく見ていましたが…ここ数年は気まぐれでも見る以外は全く見ないです(笑
なので本機能の「搭載/非搭載」はあまり気にされなくてもよいかと思います。

オンスクリーントレーニング(コーチアプリ)

本機能は画面上にエクササイズ内容と時間が表示され、動きを見てマネしながら運動する事が出来ます。トレーニングの知識がなくても、手軽にエクササイズする事が可能です。

本機能はスマートウォッチ型である『Sense』のみ対応しており、『Charge5』『Charge4』『Luxe』は未対応です。

Suica

SuicaはJR東日本が提供する交通系ICカードです。

『Charge5』『Charge4』『Sense』がSuicaに対応しており、『Luxe』は未対応です。

『Charge4』については注意点が1つ。

  • 2021年3~4月頃以前の旧『Charge4』はSuica未対応です。
  • 2021年3~4月頃以降に販売された新『Charge4』はSuica対応です。

Suicaを使用されたい方でCharge4を中古等でご購入される場合は十分ご注意下さい!

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥22,718 (2021/09/20 15:21:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥13,627 (2021/09/20 11:05:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥16,355 (2021/09/20 15:30:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥31,300 (2021/09/20 14:57:32時点 Amazon調べ-詳細)

Fitbit Pay(NFC)

Fitbit PayとはVisaのタッチ決済対応のお店でお支払いできる決済サービス機能です。

本機能はCharge5』、『Charge4』、『Sense』が対応、『Luxe』が未対応です。

※Fitbit Payについて詳しくまとめた別記事をご用意しておりますので、宜しければご参照下さい。

※以下はFitbit Payの記事です。

Amazon Alexa 搭載

スマートウォッチ型の『Sense』にAlexaが搭載されています。

「ニュースや天気予報の確認、エクササイズの開始、タイマー設定、予定や就寝時間のリマインダー設定、買い物リスト追加、近くのスポットを探す、質問の回答をスクリーン表示、スマートホーム機器の操作」など多くの機能を音声で利用できます

Googleアシスタント 搭載

スマートウォッチ型の『Sense』 に搭載されています。

Alexaと同様に音声による機能を使えます。

音声による返信機能(Androidのみ)

スマートウォッチ型の『Sense』 が対応しています。
また、Androidのみ対応であり、iOSでは音声による返信は出来ません。

※詳細は以下の公式ページをご参照下さい。
公式ページ: 「Fitbit スマートウォッチの音声アシスタントについて」

単体での音楽再生

単体での音楽再生は『Sense』が対応しています。

…しかし、別途お金がかかります!!(月々2,000円弱のサブスク契約)

※具体的には、音楽配信の「Deezer」や「Pandora」の有償サブスクを契約する必要があります。 

なので私の中では『Sense』や『Versa3』の単体音楽再生機能は無いモノと考えております(汗

また、Charge5』や『Charge4』や『Luxe』 は単体での音楽再生機能は無く、スマホなど別の音楽再生機器が必要です。

なので「単体での音楽機能が必須」の方は旧モデルの『Fitbit Ionic』や『Fitbit Vers2』、または他社製品(AppleWatchやGarminなど)をご検討いただく事をオススメしております。

※『Fitbit Ionic』を保有する私としては「スマホを持たずに【音楽再生+GPS】はものすごく快適」なのを知っているだけに、現状のFitbit音楽事情は残念に思わざるを得ないです。。。
  • 日本において「Deezer」や「Pandora」はマイナーと言わざるを得ない。「AppleMusic」、「YoutubeMusic」、「AmazonMusic」等が未対応だと厳しいかなと思います。
  • 実は、Fitbit旧型の Ionic』や『Vers2』では単体で音楽を再生できます
    もし「Fitbitが良いのだけれど単体で音楽も必須です…」と言う方にオススメしている2品です。
  • 旧型が対応していただけに「Fitbit社の政治的判断」が見え隠れしますね。。
    サブスクと絡めたい気持ちは分からないでもないですが、消費者もFitbitもどちらも損しかしてないな~と思っちゃいますし、この状況は面白くな~い!w(怒
※以下は『Versa2』『Ionic』などを比較レビューしている記事です。 気になる方は覗いてって下さい^^
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥18,173 (2021/09/20 23:02:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥9,800 (2021/09/20 14:57:33時点 Amazon調べ-詳細)

Spotifyの接続と操作

『Charge4』、『Sense』にてスマホのSpotifyの再生や曲送りといった操作が出来ます。また『Luxe』は未対応です。

『Charge5』ではSpotifyの操作が出来るかは不明です
※と言うのも操作できる/出来ないの両意見があります。


ランニング時にスマホを取り出さずに音楽操作が可能になりますので、普段からSpotifyを使用されている方にはオススメの機能です。

※但し、Fitbitで操作する場合はSpotifyの有料プランSpotify Premiumに入る必要があります。

急速充電

スマートウォッチ型の『Sense』のみが対応しています。

12分間で約1日分の充電ができる機能です。

ついつい充電し忘れ、いざ使用しようと思ったらバッテリー切れ…orz
そんな時にわずか12分で解決してしまう便利機能です!

スマホ検索機能

スマートウォッチ型である『Sense』や『Versa3』など、またトラッカータイプの『Inspire2』もスマホ検索機能があります。

※但し、『Charge5』『Charege4』『Luxe』を実際に実機確認した訳では無い為、もし対応していたら…ごめんなさい(汗

デザイナーアクセサリー

『Luxe』、『Sense』には公式のデザイナー作成バンドがあります。

『Luxe』はコンセプトが「女性にもお洒落にトラッカーを」の感じなのでで、ベルトやその他アクセサリー系が豊富です。また、ハイエンドモデルの『Sense』もアクセサリーが豊富にあります。

お洒落を楽しまれる場合は『Luxe』や『Sense』をオススメします。

重さ

Charge5 Charge4 Luxe Sense
重さ 29g程 30g程 26.2g程 30g程

『Luxe』が26.6g程と一番軽量、あとは29~30g程とほぼ同等位の重さになります。

重さが気になるようでしたら『Luxe』を選ばれてもよいかと思います。

バッテリー

Charge5 Charge4 Luxe Sense
バッテリー 最長7日間
GPS利用で最大5時間
最長7日間
GPS利用で最大5時間
最長5日間 6日間以上
GPS利用で最大12時間

1週間バッテリーの『Charge5』『Charge4』がオススメです!

GPS利用時を重視するなら『Sense』も良いですね^^

『Luxe』も最大5日間十分な長さかと思います。

耐水性能・水泳対応

『Charge5』、『Charge4』、『Luxe』、『Sense』の全てが50m水深の耐水機能が付いてます!

なので普段の生活で突然の雨や手洗いの際に外すの面倒…なんて心配はせずに済みますね^^

また、「水泳時にプールで何往復したか」等の計測も出来るようです。

Fitbit Premium無料お試し期間

Charge5 Charge4 Luxe Sense
Premium無料お試し期間 6ヵ月 3ヵ月 6ヵ月 6ヵ月

Fitbit Premiumの料金は2021年9月10日現在、月額640円ほど、年間6,400円ほどです。

Fitbit Premiumでは血中酸素、呼吸数、心拍変動、アクティビティ、睡眠、皮膚温度、呼吸数などの分析を確認でき、健康状態を深く理解する事が可能になります。また、睡眠用サウンドライブラリの提供等の機能もあります。

Fitbit Premiumを活用したい方には注目ポイントですね。

Wi-Fiチップ

『Sense』に搭載されています。
音楽データの転送などに使用されます。

スピーカー

『Sense』に搭載されています。

Amazon AlexaやGoogleアシスタントの返信音声、アラーム音、通話などに使用されると思われます。

マイク

『Sense』にのみ搭載されています。
主にAmazon AlexaやGoogleアシスタントでの音声使用の為に搭載されています。

また『Charge5』には 通常のマイクは無いですが、いびき検出用マイクが搭載されている情報があります。

本体、バックル、バンドの材質、ベルトサイズ

Charge5 Charge4 Luxe Sense
本体の材質 アルミニウム、ガラス、樹脂 プラスチック樹脂製 ステンレススチール アルミニウム製ウォッチケース、ステンレススチール製リング
バックルの材質 アルミニウム製 ステンレススチール製 アルマイト処理済アルミニウム製 アルミニウム製
純正バンドの材質 シリコン製 エラストマー素材 シリコン素材 エラストマー素材
ベルトサイズ S サイズ:130~170mm
L サイズ:170~210mm
S サイズ:140~180mm
L サイズ:180~220mm
S サイズ:140~180mm
L サイズ:180~220mm
S サイズ:140~180mm
L サイズ:180~220mm

金属等アレルギーがある方は金属種類を考慮する必要があります
使用しない/購入しない事も勇気かと思います。

そうでない方は、特に気にされなくても良いかと思います。
どれを選ばれてもすぐ馴染むかと思います。

また、『Charge5』のベルトサイズが10ミリ短いので、現在FitbitのLサイズをぎりぎり付けてる方はご注意ください。

動作温度

動作温度は『Charge5』『Sense』は -10°C~45°C、 『Charge4』は-20°C~60°C、『Luxe』は-20°C~45°Cです。

最高気温51度を記録しているドバイやアラブ等にて使用される予定がある方は『Charge5』や『Sense』や『Luxe』は避けて、『Charge4』を選択してください。

また、最低気温が低い所(北海道の旭川や釧路などは最低気温-10°Cを下回る)で使用予定の方は、『Charge5』や『Sense』は避けて、『Luxe』や『Charge4』を選択してください。

※気温が極端に「高い/低い」地域以外にお住まい方は、あまり気にしなくてよいかと思います。

カラーディスプレイ

『Charge5』、『Luxe』、『Sense』がカラー表示されます。

カラーの方がテンションがあがりますし、単純に見やすいというメリットもあります。

なので、出来ればカラーの方をオススメします。

トラッカータイプもついにカラー表示の時代ですね~^^

Charge5の薄さ

『Charge5』の本体が『Charge4』より10%薄いです!

10%でも体感は相当な変化だと思いますので、気になる方は店舗等で試し付けをしてみて下さい!

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥22,718 (2021/09/20 15:21:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥13,627 (2021/09/20 11:05:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥16,355 (2021/09/20 15:30:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥31,300 (2021/09/20 14:57:32時点 Amazon調べ-詳細)

Fitbit Charge5とCharge4とLuxeとSenseについて『ぶっちゃけ本音』を書きます

一覧表(私が注目する9点)

Fitbit Charge5Fitbit Charge4Fitbit LuxeFitbit Sense
最先端の健康管理機能(皮膚電気活動スキャン、心拍数通知、など)××
スマホ持たずに運動したい方向け(GPS搭載) ×
Suica、FitbitPay対応×
常時画面表示モードあり××
カラーディスプレイ×
単独で音楽を楽しめる×××
付け心地(トラッカー) (トラッカー) (トラッカー) (スマートウォッチ)
デザイン・オシャレ感・アクセサリ種類の多さ
2021年09月11日時点での日本正規品の値段
(Amazon調べ)
22,718円13,627円15,682円31,809円
あめあられ
あめあられ

それぞれ個性があるから迷いますね~!

嫁

私は細身のLuxeがいいな~!

『ぶっちゃけ本音』を書きます

IonicとchargeHRを保有経験ある私が上記の注目点9点も踏まえ、『Charge5』『Charge4』『Luxe』『Sense』について思うことを書きます。

Charge5

最大の注目ポイントはFitbitが誇る機能『心臓の健康管理(心電図)、ストレス管理、皮膚温度測定、NFC・Suica、今日のエナジースコア(Daily Readiness Score)』などの機能が全て、フィットネストラッカー『Charge5』に載っちゃった事です!

しかも付け心地のよいChargeシリーズに…もはや『Charge5』は最強のフィットネストラッカーと言っても過言ではないです。

※「これで単体音楽再生機能さえあれば完璧なのに…」と思う方は私だけではないですね(汗

『Sense』などのスマートウォッチと比べると付け心地が良いのは間違いないです。

スマートウォッチやトラッカーを付け始めて初めの数週間~数か月は違和感とストレスを感じます。その際、最もストレスを感じるのは就寝時です。

普通の腕時計を寝る際に付けたら邪魔ですよね?
『Sense』等のスマートウォッチもほぼ同じ大きさなので正直邪魔だなと感じるかと思います。フィットネストラッカーはスマートウォッチよりも幅が少し細いのですがそれだけでストレス度合が凄く変わってきます

慣れるまでの期間は『Charge5』『Charge4』『Luxe』の方が圧倒的に少なくて済むかと思います。

違和感/ストレスが無くなるまでの期間がずっと短くて済みますし、より細くて軽い為、24時間付けっぱなしが当たり前になる感覚になります。

その状態でふらっと何(スマホ)も持たずに散歩/ランニングを始めてもGPSによる正確な記録を自動で残すことができますし、ふらっと立ち寄ったお店で電子マネーによる会計をする事が出来ます

なので無意識な日常使いを最も楽しめるのは『Charge5』かと思います。

それが出来る『Charge5』はやっぱりオシャレだと感じちゃいますね…!

また『Charge5』では、常時画面表示モードにより、ストレスなく時間を素早く把握できますし、最新の健康管理機能により、日々の生活をより豊かなものになるよう心身共に改善に向けて歩むことが出来ます。

※個人的なお話ですが、年末までに『Charge5』を購入しようかな~と思ってます!^^
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥22,718 (2021/09/20 15:21:53時点 Amazon調べ-詳細)
Charge4

注目ポイントはやはり『GPS搭載、Suica・NFC搭載のフィットネストラッカー』です。

付け心地のよいChargeシリーズにGPSとSuicaが搭載されている事でと~っても魅力的なフィットネストラッカーになっております!

また、『Charge4』のお値段が13,627円(2021年9月11日のAmazon価格)とめちゃくちゃ安い(汗

※『Charge5』と『Charge4』との価格差は約9,000円です。。

『Charge5』との違いは「皮膚電気活動スキャン」、「皮膚温度」、「心拍数通知」、「常時画面表示モード」、「カラーディスプレイ」等が無い事です。

それらの機能は不要という方はコスパ良い『Charge4』は大有りな選択だと思います!

逆に、それら機能に魅力を感じるのであれば、『Charge5』を選択されてもよいかなと思います。

※ちなみに世界的俳優のウィル・スミスさんも『Fitbit Charge4』の愛用者です…ミーハー情報は以上です(笑
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥13,627 (2021/09/20 11:05:47時点 Amazon調べ-詳細)
Luxe

Luxeの魅力は機能を見比べるだけでは正直分からないかと思います。

Luxeの最大の魅力ポイントは

  • オシャレ×トラッカー
  • 睡眠時に最も付け心地が良いフィットネストラッカー

です。

Fitbit Luxeよりオシャレに付けれるトラッカーを私は知りません!
日常使いで最も自然で馴染む…それがとっても素晴らしい!!

また、腕時計型活動計において睡眠時の付け心地は課題なのですが、Fitbit Luxeは付けてるのを忘れる位に幅が細いです!

デザインもシンプルで細いのに洗練されていて、付け心地は4つの中で『Luxe』が断トツで一番だと思います

寝る際のストレスが一番少ないかと思います。Chargeシリーズと同様に付け始めての違和感に慣れるまでの期間は圧倒的に少なくて済むかと思います。

日常的なお洒落として付けれるトラッカーはそう多くないと思いますが、『Luxe』は間違いなく日常のオシャレ使いが出来ます

※ただ、『Luxe』は「GPS非搭載」、「SuicaやFitbitPay未対応」などいくつかの重要機能が非搭載ですので十分ご検討した上でお選びください。
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥16,355 (2021/09/20 15:30:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

Sense

最先端の健康管理心臓の健康管理、ストレス管理、皮膚温度測定』や『Suica』などのFitbitが誇る機能を全部載せしてる『Fitbit Sense』は、発売されてから1年以上経過しましたが、Fitbitのフラグシップ機種としてまだまだ健在です!

現時点をもってしても、最も優れた健康管理スマートウォッチの1つと言えます。

本記事の紹介では唯一のスマートウォッチ型ですが、スマホ無しの単体で『音楽+GPS』も(一応)実現可能で、かつ、クールな音声アシスタント(GoogleとAlexa)機能も付いて、デザインも可愛いです!

スマートウォッチ型をお探しの方は、ぜひ『Sense』や『Versa3』等をご検討いただければと思います。

お値段も約3.2万円程まで下がりました。(発売から1年で約8~9,000円安くなりました)

ただ、『Charge5』の値段と機能を考えると、『Sense』の値段はまだ高いかな~とは感じます。

もし「Fitbitスマートウォッチアプリ」に価値を見出すなら『Sense』を選択されるのは有りなのですが、個人的にはもう少し様子見をされ、もっとよりお値段が安くなったタイミングでご購入頂いた方がよろしいのかなと思います。

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥31,300 (2021/09/20 14:57:32時点 Amazon調べ-詳細)

それでも決めきれない【あなた】へ

Fitbit機種を比較した記事をいくつか別途ご用意しておりますので、もし宜しければぜひお立ち寄りください。

※今後、「Charge5とLuxeについてのアクセサリー特集の記事」を書こうと思っております。出来次第こちらにもリンクを上げさせて頂きます。

※『Sense』『Versa3』『Charge4』『Inspire2』についての比較レビューです、ぜひお立ち寄りください。
※『Versa3』『Versa2』 についての比較レビューです、ぜひお立ち寄りください。
※『Charge4』『Ionic』『Versa2』について比較レビューです、ぜひお立ち寄りください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
本記事は以上です。
また次の記事でお会いしましょう。