Fitbit SenseとVersa3とCharge4とInspire2の違いを33の観点で徹底比較!

Fitbit

Fitbit Sense/Versa3/Charge4/Inspire2を知りたい人「それぞれ他のFitbit機種と何が違うの?どの機種が買いなの?買おうか迷ってるんだが選ぶ決め手が欲しい…」


こういった悩みに答えます。

本記事の内容

  • Fitbit SenseとVersa3とCharge4とInspire2の『機能/仕様の違い33点』や『私が注目する点』を一覧表や実体験を基に解説していきます。
  • Fitbit(IonicとChargeHR)を4年半以上愛用している私のぶっちゃけ本音
  • それでも決めかねているあなたへ…

Fitbitから『Fitbit Sense』『Fitbit Versa3』『Fitbit Inspire2』の3機種が2020年10月2日に発売されます。

あめあられ
あめあられ

予約、もう始まってます~!

今回、最大の注目ポイントは『Fitbit Sense』に搭載される『心臓の健康管理ストレス管理皮膚温度測定』機能です!

「今まで誰も経験した事のない」最先端の健康管理が出来ます。

また、新機種それぞれが確実に進化しています!どれを購入しようか悩みますね。

嫁

今回のFitbitさん、とっても気合が入っていますね!

A New Era of Innovation: Fitbit Sense

そこで本記事では『Fitbit Sense』『Fitbit Versa3』『Fitbit Inspire2』、そして今年4月に発売された『Fitbit Charge4』も含め4機種で比較し、機能や仕様の違い33点を実体験を基に紹介します。

33点の違いを押さえる事で『Sense』『Versa3』『Charge4』『Inspire2』のメリットや違いを理解でき、あなたに最もふさわしい機種が分かります。

嫁

私に合うのはどれかな~?

『Sense』『Versa3』『Charge4』『Inspire2』は間違いなくFitbitの代表的な4機種になります。今から是非おさえておきましょう!

あめあられ
あめあられ

各機種ごとに特徴がハッキリしています!

選び応えがありますよ(^^

Introducing Fitbit Versa 3
Fitbit Inspire 2 + Premium
  • 本記事では『Sense』と『Versa3』と『Charge4』と『Inspire2』の「機能/仕様の違い33点」や「私が注目する点」などを一覧表や実体験を基に解説していきます。
  • 4機種の特徴やメリットを具体的に把握でき、ご自身に最も適した機種を探すことができます。

「Fitbitを2015年5月から愛用している」私が『Fitbit Sense』と『Versa3』と『Charge4』と『Inspire2』の違いを実体験を基に説明する事で、実際の使用感などをご想像して頂けるかと存じます。

※私のFitbit愛用歴
 ・初代chargeHRを約2年半愛用(2015年10月18日から2018年4月末まで)
 ・Fitbit Ionic約1年10ヵ月愛用(2018年5月25日~現在)

後半では「Fitbitを4年半以上愛用している私のぶっちゃけ本音」、「それでも決めかねているあなたへ」を書いていきます。

Fitbit SenseとVersa3とCharge4とInspire2の違い33点を解説します

Fitbit SenseとVersa3とCharge4とInspire2の違い33点の一覧表です。

機能一覧表(Fitbit SenseとVersa3とCharge4とInspire2の違い33点)

新機能や注目点

Fitbit Sense Fitbit Versa3 Fitbit Charge4 Fitbit Inspire2
新機能や注目点 ストレス管理
皮膚温度センサー
デバイス体温センサー(Premium のみ対象)
高い/低い心拍数の通知
Fitbit Premium無料お試しの期間 6か月 3か月(※1) 3か月(※1) 1年間
単体での音楽再生
Googleアシスタント
急速充電(12分で1日分充電)
バッテリー 6日間以上GPS利用で最大12時間 6日間以上GPS利用で最大12時間 最長7日間GPS利用で最大5時間 最大10日間
※1:2020年9月時点で無料お試し3ヵ月間を利用可能です。

運動機能

Fitbit Sense Fitbit Versa3 Fitbit Charge4 Fitbit Inspire2
運動機能 ワークアウトの強度マップ(ヒートマップ機能) ○(※2)
GPS搭載
スマホGPS利用
オンスクリーントレーニング(コーチ)
上った階数
※2:公式の一部に使用できないとありますが使用できます。

スマート機能

Fitbit Sense Fitbit Versa3 Fitbit Charge4 Fitbit Inspire2
スマート機能 Fitbit Pay(NFC)
Amazon Alexa 搭載
音声による返信機能(Androidのみ)
Spotifyの接続と操作
スマートウォッチ用アプリ(多数あるアプリの利用)

デザインと仕様

Fitbit Sense Fitbit Versa3 Fitbit Charge4 Fitbit Inspire2
デザインと仕様 常時画面表示モード
デザイナーアクセサリー
マイク
スピーカー ○(※3) -(※4) -(※4)
ジャイロスコープ -(※4) -(※4)
高度計 -(※4)
Wi-Fi ○(※5) ○(※5) -(※4) -(※4)
相対的 SpO2 センサー ○(※6) ○(※6) ○(※6)
環境光センサー ?(※7) ?(※7)
本体の材質 アルミニウム製ウォッチケース、ステンレススチール製リング アルミニウム製ウォッチケース プラスチック樹脂製 プラスチック製(※8)
バックルの材質 アルミニウム製 アルミニウム製(※9) ステンレススチール製 プラスチック製
純正クラシックバンドの材質 エラストマー素材(インフィニティベルト) エラストマー素材(※10) エラストマー素材(※10) シリコン素材
純正ウーブンベルトの材質 ポリエステル素材
動作温度 -10°C~45°C -20°C~60°C -20°C~60°C -10°C~45°C
※3:スピーカーのスペック「75 dB SPL @10 cm」
※4,7:公式サイトに明記されていません。
※5:Wi-Fiのスペック「802.11b/g/n2.4 GHz」
※6:公式に明記されていませんが使用できるはずです。
※8~10:公式で明記されていません。あくまで著者の推測になります。
嫁

表で見ると違いが見えてくるね。

Fitbit公式サイトに商品比較のページがありますのでリンク貼っておきます。

解説します(Fitbit SenseとVersa3とCharge4とInspire2の違い33点)

ここから『機能/仕様の違い』33点についてそれぞれ解説していきます。

ストレス管理

ストレスを数値化して可視化できます。

『Sense』に搭載されています。

電気センサーにて皮膚の電気活動を測定することで、ストレス(リラックス状態から過剰ストレス状態まで)や心の穏やかや気分を記録・分析・把握できます。

「ストレスにどう対応していくか」は現代社会で生きる人々の永遠の課題ですので、自身のストレスを理解しようとする試みは非常に面白い視点かなと思います。

皮膚温度センサー

皮膚温度を測定できる機能です。

『Sense』に搭載されています。

皮膚の温度を計測する事で、発熱や女性の健康などの身体の兆候を発見するのに役立ちます。


※この温度測定は新型コロナ感染の兆候を検知という観点で注目されています。

温度測定と心拍数測定により「新型コロナウィルス感染者の内ほぼ半数を初期症状が出る前日に検知した」という報告があり、今後「コロナ等の実態解明と兆候検出の援助」そして「将来的に心臓病やその他病気を発見」を期待されています。

デバイス体温センサー

『Versa3』に搭載されています。

『Sense』と同様に温度を測定できます。

『Versa3』にはデバイス体温センサーが搭載されており、Fitbit Premiumユーザー限定で皮膚温の変化を検知可能です。

高い/低い心拍数の通知

『Sense』に搭載されています。

心拍数が高くなったり、低くなった際に通知してくれます。
「心臓に不安のある/疾患がある」方は当然の事、普段気にされない方もストレスや体温と合わせて管理していくことは、健康上で今後まずまず重要になっていくのかなと考えます。

『Sense』には心電図測定機能が搭載されており、心房細動を検知する事が可能です。
但し、その機能を利用するために必要な心電図アプリ(ECG APP)の認証が通っておらず、現時点で日本では使用できません

※アメリカ、イギリス、ヨーロッパのいくつかの国などでは2020年10月より利用できるそうです。
情報元:海外ウェブサイト「Reddit」の「Fitbit Sense EKG will be activated in Germany, Austria and Switzerland in October」より

※AppleWatchの心電図は認証通ったと話題になりましたね。(2020年9月11日時点)
日本でも使用できるようになるはずです。

 

急速充電

『Sense』、『Versa3』が対応しています。

12分間で約1日分の充電ができる機能です。

ついつい充電し忘れ、いざ使用しようと思ったらバッテリー切れ…orz
そんな時にわずか12分で解決してしまう便利機能です!

バッテリー

Inspire2Charge4SenseVersa3
バッテリー最大10日間最長7日間
GPS利用で最大5時間
6日間以上
GPS利用で最大12時間
6日間以上
GPS利用で最大12時間

最大10日間バッテリーの『Inspire2』が断トツにオススメです!!

1週間バッテリーの『Charge4』もオススメです!

GPS利用時バッテリーを重視するなら『Sense』『Versa3』の方が良いかと思います。

「100%フル充電する時間」は「約1時間」です。

Amazon Alexa 搭載

『Sense』、『Versa3』にAlexaが搭載されています。

「ニュースや天気予報の確認、エクササイズの開始、タイマー設定、予定や就寝時間のリマインダー設定、買い物リスト追加、近くのスポットを探す、質問の回答をスクリーン表示、スマートホーム機器の操作」など多くの機能を音声で利用できます

Googleアシスタント 搭載

『Sense』、『Versa3』に搭載されています。

Alexaと同様の機能と思われます。

音声による返信機能(Androidのみ)

『Sense』と『Versa3』が対応している機能になります。
また、Androidのみ対応しており、iOS等では音声による返信は出来ません。

詳細は公式ページの「Fitbit スマートウォッチの音声アシスタントについて」をご参照下さい。

Fitbit Premium無料お試しの期間

「Senseは6ヵ月間」、「Inspire2は1年間」の無料お試しが付きます。

Fitbit Premiumの料金は月額10ドル(約1,060円)、または年間80ドル(約8,480円)です。
Premiumが気になる方、活用したい方には注目したいポイントですね。

ワークアウトの強度マップ(ヒートマップ機能)

『ワークアウトの強度マップ』は辿ったルートに沿って心拍数ゾーン毎の運動強度を確認できます。
さまざまな地形における心拍数やパフォーマンスが視覚化され、運動改善に繋げられる機能です。

『Sense』、『Versa3』、『Charge4』、『Inspire2』のいずれも対応している機能です。

※『Inspire2』はFitbit公式の「商品の比較」ページでは使えない事になっておりますが、スマホGPS利用により使用できるはずです。
※GPS搭載、スマホGPS利用可なFitbit機種は基本的に対応しております。

GPS搭載、スマホGPS利用

『Sense』、『Versa3』、『Charge4』はGPS搭載です。
スマホ無しで、単独でGPS測定が可能です。

『Inspire2』はGPSを搭載されていませんが、スマホ等のGPSを利用可能です。

GPS利用が想定される「ランニング、サイクリング、ウォーキング」などの際にGPS測定をしたい方に必須な機能となります。

スマホを持ちたいかどうかで機種の選択を絞ることができます。

  • ランニング等でスマホを持たない方
    ⇒ 『Sense』、『Versa3』、『Charge4』
  • ランニング等でスマホを持つ方
    ⇒ 『Inspire2』

スマホを持たずにランニングすることの快適さを知っている私としては、『Sense』、『Versa3』、『Charge4』をオススメします!

単体での音楽再生

単体での音楽再生は『Sense』『Versa3』が対応しています。
Charge4』や『Inspire2』はスマホなど(別の音楽再生機器)が必要です。

『Ionic』を保有する私の意見ですが、「スマホを持たずに【音楽再生+GPS】はものすごく快適です!」控えめに言って便利過ぎて戻れないです。

私としては【音楽再生+GPS】というだけで『Sense』、『Versa3』、(または『Versa2』や『Ionic』も)を選ぶ価値はあると考えております。

  • ※2020年09月07日追記
    『Sense』、『Versa3』は音楽サブスクリプションであるDeezer,またはPandoraの有料プランを契約していないと、単体で音楽を持ち出せないという情報があります。注意して今後の動向を追っていきたいと思っております。何か分かりましたら情報更新させて頂きます。
    【情報元のリンク:Fitbitコミュニティサイトのやり取り】
  • ※2020年09月07日追記、現時点で単体で音楽を再生できる機種は『Versa2』、『Ionic』です。(『Ionic』は私が確認、『Versa2』は有志の方にご確認頂いております。)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥36,355 (2020/09/30 17:04:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥27,264 (2020/09/30 16:34:36時点 Amazon調べ-詳細)

Spotifyの接続と操作

『Sense』、『Versa3』、『Charge4』にてスマホのSpotifyの再生や曲送りといった操作が出来ます。

ランニング時にスマホを取り出さずに音楽操作が可能になりますので、普段からSpotifyを使用されている方にはオススメの機能です。

※但し、Fitbitで操作する場合はSpotifyの有料プランSpotify Premiumに入る必要があります。

オンスクリーントレーニング(コーチアプリ)

本機能は画面上にエクササイズ内容と時間が表示され、動きを見てマネしながら運動する事が出来ます。トレーニングの知識がなくても、手軽にエクササイズする事が可能です。

本機能は『Sense』『Versa3』が対応しています。『Charge4』、『Inspire2』は未対応です。

スマートウォッチ用アプリ(多数あるアプリの利用)

『Sense』『Versa3』はスマートウォッチアプリを利用できます。
Charge4』、『Inspire』はスマートウォッチアプリは利用できません(トラッカー用アプリは利用できます)

スマートウォッチアプリには、The New York Timesなどのニュースアプリ、SpotifiやDeezerなどの音楽アプリ、2048やパズル/オセロ/トランプなどのゲームアプリ、など日々開発・進化している様々なアプリを選んで利用する事が出来ます。

様々なアプリ利用に魅了を感じる方は『Sense』や『Versa3』をオススメします。

Fitbit Pay(NFC)

Fitbit PayとはVisaのタッチ決済対応のお店でお支払いできる決済サービス機能です。
本機能は『Sense』、『Versa3』、『Charge4』が対応しております。『Inspire2』は未対応です。

※Fitbit Payについて詳しくまとめた別記事をご用意しておりますので、宜しければご参照下さい。

※以下はFitbit Payの記事です。

常時画面表示モード

『Sense』、『Versa3』が対応している機能です。『Charge4』や『Inspire2』は未対応です。

『Charge4』や『Inspire2』では画面を見る際に「ボタンを押す」や「腕を上げる」の動作が必要です。

「腕を上げる」動作はかなり雑に動かしても認識し画面表示してくれます。
正直、常時画面表示はあっても無くても困らないというのが私の感想です。

ただ、常時表示されないと困る方は当然いらっしゃるかと思いますので、常時表示が必須である場合は『Sense』、『Versa3』『Versa2』も対応)を選択されることをオススメします。

上った階段数の計測

『Sense』、『Versa3』、『Charge4』が測定できます。『Inspire2』は測定できません。

階段数は正確には計測されず、あくまで目安の値です。

※個人的な話ですが、Fitbit購入当初は興味深々でよく見ていましたが、ここ1~2年は全く見てないです。本項目はあまり気にしなくてもよいかなと思います。

デザイナーアクセサリー

『Sense』、『Versa3』には公式デザイナー作成バンドがあります。

Versaシリーズはコンセプトやデザインがお洒落で、ベルトやその他アクセサリー系が豊富です。また、ハイエンドモデルの『Sense』も関連アクセサリーは当然豊富になると予想されます。

「形が最優先」の方には『Sense』『Versa3』をオススメします。

また、個人的には『Charge4』や『Inspire2』の細いトラッカー型の形も好みです。なので気に入った機種を選ばれたらよいかと思います。

マイク

『Sense』、『Versa3』に搭載されています。
Amazon AlexaやGoogleアシスタントでの音声使用の為に搭載されています。

スピーカー

『Sense』、『Versa3』に搭載されています。
Amazon AlexaやGoogleアシスタントの返信音声、アラーム音、通話などに使用されると思われます。

ジャイロスコープ

『Sense』、『Versa3』に搭載されています。
「水泳時に何往復したか」等の計測に使用されます。

高度計

『Sense』、『Versa3』、『Charge4』に搭載されています。
「階段を何段上ったか」等の計測に使用されます。

Wi-Fi

『Sense』、『Versa3』に搭載されています。
音楽データの転送などに使用されます。

相対的SpO2センサー

『Charge4』や既存機種の『Versa2』と『Ionic』に搭載されている機能です。

『Sense』、『Versa3』、『Inspire2』は公式に明記されていないのですが、搭載されていると考えられます。

相対的SpO2センサーにより血中酸素濃度を測定し、Fitbitアプリにて推定酸素変動量グラフを見ることが出来ます。

環境光センサー

『Sense』、『Versa3』には搭載されています。
『Charge4』、『Inspire2』に環境光センサーが付いているかの情報がありません。

環境光センサーにより、明所/暗所での画面光量を自動で最適化してくれ、色々な環境で画面が見やすくなります。

本体、バックル、バンドの材質

SenseVersa3Charge4Inspire2
本体の材質アルミニウム製ウォッチケース、
ステンレススチール製リング
アルミニウム製ウォッチケースプラスチック樹脂製(公式サイトに明記ありませんが多分)プラスチック製
バックルの材質アルミニウム製(公式サイトに明記ありませんが多分)アルミニウム製ステンレススチール製プラスチック製
純正バンドの材質エラストマー素材(インフィニティベルト)(公式サイトに明記ありませんが多分)エラストマー素材です。(公式サイトに明記ありませんが多分)エラストマー素材です。シリコン素材
純正ウーブンベルトの材質ポリエステル素材

金属等アレルギーがある方は金属種類を考慮する必要があります。
使用しない/購入しない事も勇気かと思います。

そうでない方は、特に気にされなくても良いかと思います。
どれを選ばれてもすぐ馴染むかと思います。

動作温度

動作温度は『Versa3』『Charge4』は-20°C~60°C、『Sense』『Inspire2』は-10°C~45°Cです。

最高気温51度を記録しているドバイやアラブ等にて使用される予定がある方は『Sense』や『Inspire2』は避けて、『Versa3』『Charge4』を選択してください。

また、最低気温が低い所(北海道の旭川や釧路などは最低気温-10°Cを下回る)で使用予定の方は、『Sense』や『Inspire2』は避けて、『Versa3』『Charge4』を選択してください。

※気温が極端に「高い/低い」地域以外にお住まい方は、あまり気にしなくてよいかと思います。
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥36,355 (2020/09/30 17:04:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥27,264 (2020/09/30 16:34:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥19,518 (2020/09/30 17:04:29時点 Amazon調べ-詳細)

Fitbit SenseとVersa3とCharge4とInspire2について『ぶっちゃけ本音』を書きます

一覧表(私が注目する8点)

Fitbit SenseFitbit Versa3Fitbit Charge4Fitbit Inspire2
最先端の健康管理機能×××
Fitbit Premium 無料期間6ヵ月実質3ヵ月実質3ヵ月1年
デザイン・オシャレ感・アクセサリ種類の多さ1位1位3位3位
付け心地3位3位2位1位
手軽な運動から本格的エクササイズまでカバー1位1位1位4位
スマホ持たずに単体で運動したい方向け1位1位3位4位
バッテリーの持ち6日強6日強7日10日
2020年09月11日時点での日本正規品の値段
(Amazon調べ)
36,355円27,264円18,782円19,518円
あめあられ
あめあられ

特徴ある個性をそれぞれ持ってるから、悩む~!

嫁

私は見た目は『Versa3』がいいな!

『Inspire2』が付けやすそうで捨てがたい…

『ぶっちゃけ本音』を書きます

IonicとchargeHRを保有経験ある私が上記の注目点8点も踏まえ、『Sense』『Versa3』『Charge4』『Inspire2』について思うことを書きます。

Sense

何と言っても注目すべきは、
最先端の健康管理心臓の健康管理、ストレス管理、皮膚温度測定』です。

「Fitbitの機能を全部載せ」+「最先端の健康管理機能」の『Fitbit Sense』は異次元のスマートウォッチです。現時点で最も優れた健康管理スマートウォッチの1つと言っても過言ではないです。

また、スマホ無しの単体で『音楽+GPS』もめちゃ快適ですし、クールな音声アシスタント(GoogleとAlexa)機能も付いて、デザインも可愛いです!

機種選びで迷われるなら『Sense』一択で良いかと思います。

ただ、お値段(4万円弱)がネックだと思います。

「最先端の健康管理機能」と「Fitbit Premium無料期間6ヵ月」の価値をどう考えるかによって答えは変わってくると思います。

もし「付け心地が気になる方」や「もう少しお値段を抑えたい方」は『Versa3』、『Charge4』、『Inspire2』視野に入れてご検討下さい

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥36,355 (2020/09/30 17:04:28時点 Amazon調べ-詳細)

※『Sense』『Versa3』の音楽持ち出しは「DeezerかPandoraの有料契約が必要」という情報があります。

気になる方は発売後に実機レビュー等による確認が出来るまでは買い控えてもよいかもしれません。

こればかりは実機種で試してみるしかないので、確認できたら追記してきます。

情報元:海外サイトのFitbit Communityのリンクです。

Versa3

Versaシリーズ初の単体GPSがついに搭載されました!
Versa3の最大の注目ポイントは『スマホ無しの単体で『音楽+GPS』が実現!』する点です。

※Versaシリーズファンの方は歓喜せずにはいられない!(泣

「機能よし!デザイン良し!コスパ良し!」3拍子揃った『Versa3』はもう買いです!
お値段3万切ってます…間違いなく買いですよ!

※Versaシリーズは完成されたと言っても過言ではないです。

「最先端の健康機能」に興味ない方は『Versa3』一択でよろしいかと思います!

また、ここで『Versa2』との違いを少しお話すると、違いは主に「GPSの有無」と「急速充電」です。

ランニングなどの際にスマホは絶対持ってく方であれば、お値段がより手ごろな『Versa2』もご検討下さい。

付け心地が気になる方、もう少しお値段を抑えたい方は『Charge4』や『Inspire2』も視野に入れてご検討下さい。

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥27,264 (2020/09/30 16:34:36時点 Amazon調べ-詳細)

※『Sense』『Versa3』の音楽持ち出しは「DeezerかPandoraの有料契約が必要」という情報があります。

気になる方は発売後に実機レビュー等による確認が出来るまでは買い控えてもよいかもしれません。

こればかりは実機種で試してみるしかないので、確認できたら追記してきます。

情報元:海外サイトのFitbit Communityのリンクです。

Charge4

最大の注目ポイントは『GPS搭載のフィットネストラッカー』です。付け心地のよいChargeシリーズにGPSが搭載された事でとっても魅力的なフィットネストラッカーになっております!

※ChargeシリーズにGPS搭載してれば…と思った方は私だけではないはず!

『Sense』『Versa3』と比べ付け心地が良いです。Inspire2と同様と考えても差し支えないと思っております。

スマートウォッチやトラッカーを付け始めて初めの数週間~数か月は違和感とストレスを感じます。その際、最も感じるのは寝るときです。

普通の腕時計を寝る際に付けたら邪魔ですよね?『Sense』や『Versa3』はそれに似た感想を持つと思います。

ただ少し細いだけなのにそれだけでストレス度合が凄く変わってきます。慣れるまでの期間は『Charge4』の方が圧倒的に少なくて済むかと思います。

違和感/ストレスが無くなるまでの期間がより短く、細くて軽いですから24時間付けっぱなしが当たり前になる感覚になります。

その状態でふらっと何(スマホ)も持たずに散歩/ランニングを始めても、GPSによる正確な記録が自動で残すことができます

なので無意識な日常使いを最も楽しめるのは『Charge4』かと思います。

それをオシャレと感じちゃいますね…。

私、すっごく欲しいのですがお財布の都合で未だ購入出来ていません(泣

Inspire2

注目ポイントは『バッテリー10日間、付け心地、Fitbit Premium1年間無料付き』です。

バッテリー10日間はFitbit界No.1の長持ちさんです。
1週間以上充電せずに稼働するのは便利過ぎます!

デザインもシンプルで細いので付け心地は4つの中で『Inspire2』が一番良いです。
寝る際のストレスが一番ないかと思います。『Charge4』と同様に付け始めての違和感に慣れるまでの期間は圧倒的に少なくて済むかと思います。

Fitbit Premiumが1年間も無料で体験できます
Fitbit Premiumに価値を見出しておられる方は非常に魅力的な特典ではないでしょうか。

※『Inspire2』にはGPS非搭載、音楽再生なし、FitbitPay未対応、などいくつか機能が非搭載ですので十分ご検討して下さい。
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥19,518 (2020/09/30 17:04:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

それでも決めきれない【あなた】へ

「Versa3とVersa2の比較」、「Charge4とCharge3の比較」記事を作成中です。
記事が出来次第、ここにリンクを追記させて頂きます。

今しばらくお待ちいただければ幸いです。

本記事は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう。