Fitbit Charge4とIonicとVersa2の違いを30の観点から徹底比較します【2020年4月最新】

Fitbit

Fitbit Charge4/Versa2/Ionicを知りたい人「Fitbit Charge4って他のFitbit機種と何が違うの?買おうか迷ってるんだが決め手が欲しい…」


こういった悩みに答えます。

本記事の内容

  • Fitbit Charge4とVersa2とIonicにて『機能/仕様の違い』や『私が注目する点』など30の観点を一覧表や実体験を基に解説していきます。
  • Fitbit(IonicとChargeHR)を4年以上愛用している私がぶっちゃけの本音
  • それでも決めきれない方には…

Fitbitの最新作であるFitbit Charge4がついに発表されましたね!
発売日は2020年4月14日ですので、今からとても楽しみです。

Fitbit Charge4における最大の注目ポイントは『GPS搭載のフィットネストラッカー』であることです。

付け心地のよいChargeシリーズにGPSが搭載された事で、『Charge4』はとっても魅力的なフィットネストラッカーになりましたね!
Fitbitには他にも『Versa2』『Ionic』など個性あふれる機種もありますから、これから購入される方はとっても悩みますね!

あめあられ
あめあられ

それぞれ特徴あるので悩んじゃう~

嫁

どれも似たようなモノじゃないの?

  • そこで本記事ではFitbitのCharge4とVersa2とIonicにて『機能/仕様の違い』や『私が注目する点』など30の観点を一覧表や実体験を基に解説していきます。
  • 4年以上Fitbitを愛用している私が実体験を基に説明します。3つの特徴やメリットを具体的に把握できます。
    ご自身に最も適した機種を探すことができます。

Fitbitを2015年5月から愛用している私がCharge4とVersa2とIonicの違いを実体験を基に説明する事で、実際の使用感などをご想像して頂けるかと思います。

※私のFitbit愛用歴
 ・初代chargeHRを約2年半愛用(2015年10月18日から2018年4月末まで)
 ・Fitbit Ionic約1年10ヵ月愛用(2018年5月25日~現在)


後半では「Fitbitを4年以上愛用している私のぶっちゃけ本音」、「それでも決めかねているあなたへ」を書いていきます。

スポンサー様のリンクです

Fitbit Charge4とVersa2とIonicの違い25点を解説します

Fitbit Charge4とVersa2とIonicの違い25点の一覧表です。

一覧表(機能/仕様の異なる25点)

Fitbit Charge4 Fitbit Versa2 Fitbit Ionic
新機能・押さえておくべき違い ヒートマップ機能
心拍数測定の新システムActiveZoneMinutes
GPS搭載
スマホGPSを利用
単体での音楽再生
機能毎の違い スマートアラーム(スマートウェイク) △ (※1)
水泳データ測定 ○ (※2)
Amazon Alexa 搭載
音声による返信機能(Androidのみ)
多数あるアプリの利用
オンスクリーントレーニング(コーチ
常時画面表示モード
(Fitbitアプリを使わない)単体での食事、水、体重の記録追加 ? (※3)
adidas オンスクリーンワークアウト
仕様の違い バッテリー 最長7日間
GPS利用で最大5時間
最長6日間超 最長5日間
GPS利用で最大10時間
相対的 SpO2 センサー ○ (※4)
環境光センサー ? (※5)
マイク
アクセサリーや材質の違い デザイナーアクセサリー
本体の材質 プラスチック樹脂製 アルミニウム製 公式サイトに
明記無し
バックルの材質 ステンレススチール製 アルミニウム製 ステンレス製
純正クラシックバンドの材質 (※6) エラストマー素材 エラストマー素材
純正ウーブンベルトの材質 ポリエステル素材 ポリエステル素材 (※7)
動作環境の違い 動作温度 -20°C~60°C -20°C~60°C -20°C~45°C
最高動作高度 8,535 m 8,535 m 約 9,000 m
※1:『Charge4』の『スマートアラーム(スマートウェイク)』は今後アップデートにて使用可能予定。
※2:『Versa2』は『水泳データ測定』が出来ないと公式サイトの商品比較にありますが、出来るはずです。
※3:『Charge4単体』にて『食事、水、体重の記録』が出来るかは現時点では情報がありません。
※4:『Ionic』は『相対的 SpO2 センサー』が搭載されております。(公式サイトには明記されておりませんが、私のIonicは推定酸素変動量を測定できています)
※5:『Charge4』に『環境光センサー』が付いているか現時点では情報がありません。
※6:『Charge4』の『クラシックバンド素材』は(公式サイトに明記ありませんが多分)エラストマー素材です。
※7:『Ionic』には『純正ウーブンベルト』は付属されません。
嫁

表で見ると違いが見えてくるね。

Fitbit公式サイトに商品比較のページがありますのでリンク貼っておきます。

解説します(機能/仕様の違い25点)

ここから『機能/仕様の違い』25点についてそれぞれ解説していきます。

ヒートマップ機能

『ヒートマップ機能』はCharge4からの新機能です。

辿ったルートに沿って心拍数ゾーン毎の運動強度を確認できます。
さまざまな地形における心拍数やパフォーマンスが視覚化され、運動改善に繋げられる機能です。


※2020年4月7日現在、本機能の情報が不足しています。周囲のユーザーと競い合えるとの情報もありますが確認できておりません。今後、詳しい事が分かれば詳細を追記させて頂きます。

心拍数測定の新システム『Active Zone Minutes』

『Active Zone Minutes』はCharge4からの新機能です。

■概要
『Active Zone Minutes』は「毎日1万歩歩けばOK」のような単なる歩数測定に留まらず、アクティビティの運動強度(心拍数ゾーン)毎を記録していきます。
それにより「どのように健康に寄与したか」「活動の効果はどうだったのか」の把握を支援する機能になります。

嫁

歩数ではなく『運動強度』で健康を判断するって事ね!

あめあられ
あめあられ

今まで、あるようで無かった機能だな…

■機能内容

  • ユーザーの年齢を把握した上で、心拍数を高めるアクティビティを追跡します。そしてアクティビティ強度によってワークアウト達成度を自動計算します。
    • 中強度アクティビティ(脂肪燃焼ゾーン)では1分ごとにポイント
    • 高強度アクティビティ(ピークゾーン)ではポイント2倍
  • 毎日/毎週のゴール達成までにユーザーが必要なアクティビティ数を自動計算します。
  • ワークアウト終了後、心拍数ゾーンのサマリーやゴールに向けた進捗状況がFitbitアプリに表示されます。(モチベーションを高めてくれますね)
  • ワークアウト効率を高める為に、アクティビティ中の強度を引き上げる/引き下げる毎にリアルタイム通知します。

■根拠、信頼性
『Active Zone Minutes』は世界保健機構(WHO)とアメリカ心臓協会(AHA)を含む著名機関からの推奨に基づいています。
(これらの機関は健康状態改善、疾患防止、認知機能改善、不安感抑制、睡眠改善に繋がるとして、1週間に150分間の中程度アクティビティ、または75分間の高強度アクティビティを推奨しています)

GPS搭載、スマホGPS利用

『Charge4』、『Ionic』はGPSを搭載しています。
スマホ等が無くても単独でGPS測定が可能です。

『Versa2』はGPSを搭載されていませんが、スマホ等のGPSを利用可能です。

GPS利用が想定される「ランニング、サイクリング、ウォーキング」などの際にGPS測定をしたい方に必須な機能となります。

スマホを持ちたいかどうかで機種の選択を絞ることができます。

  • ランニング等でスマホを持たない方
    ⇒ 『Charge4』、『Ionic』
  • ランニング等でスマホを持つ方
    ⇒ 『Charge4』、『Versa2』、『Ionic』

スマホを持たずにランニングすることの快適さを知っている私としては、『Charge4』や『Ionic』をオススメします!

単体での音楽再生

単体での音楽再生は『Ionic』のみ対応しています。
『Charge4』や『Versa2』はスマホなど(別の音楽再生機器)が必要です。

『Ionic』を保有する私の意見ですが、スマホを持たずに【音楽再生+GPS】はものすごく快適です!控えめに言って便利過ぎて戻れないです。

私としては【音楽再生+GPS】というだけで『Ionic』を選ぶ価値はあると考えております。

スマートアラーム(スマートウェイク)

スマートアラーム(サイレントアラーム)機能は、大きな音を出さず、腕が振動するだけのとても静かなアラーム機能です。

非常に優れた便利機能です。
出来れば本機能が付いてる機種を選ばれた方がよいと私は考えます。

この機能は『Versa2』、『Ionic』では使用できます
『Charge4』は発売後しばらくは未実装のようですが、今後アップデートで使用可能になる予定です。

あめあられ
あめあられ

私、起きる際の目覚ましはもうこれしか使ってないです(笑

水泳データ測定

結論から言いますと『Charge4』『Versa2』『Ionic』ともに水泳測定は対応しているはずです!

『Versa2』だけ水泳データ測定が出来ないと公式サイトの商品比較にありますが、出来るはずです。

ちなみに私は本機能を使ったことがないので、ありがたみが分かりません(汗

※なぜこの機能を使用していないかと申しますと、「水に漬けたらお亡くなりになりました」というレビューをいくつか見たので、正直怖くて試せていないです。

Amazon Alexa 搭載

『Versa2』のみAlexaが搭載されています

「ニュースや天気予報の確認、エクササイズの開始、タイマー設定、予定や就寝時間のリマインダー設定、買い物リスト追加、近くのスポットを探す、質問の回答をスクリーン表示、スマートホーム機器の操作」など多くの機能を音声で利用できます

音声による返信機能(Androidのみ)

音声によるメッセージ返信は『Versa2』のみ対応している機能になります。
また、Androidのみ対応しており、iOS等では音声による返信は出来ません。

詳細は公式ページのAmazon Alexa 搭載のVersa 2のページをご参照下さい。

多数あるアプリの利用

『Versa2』『Ionic』は多数あるアプリを利用できます。
『Charge4』では利用できるアプリは限られているようです。

※2020年4月7日時点では確実な情報がありません。今後のアップデートで利用可能アプリが増えるかもしれません。何か分かり次第、追記していきます。

『Versa2』や『Ionic』ではThe New York Timesなどのニュースアプリ、SpotifiやDeezerなどの音楽アプリ、2048やパズル/オセロ/トランプなどのゲームアプリ、など日々開発・進化している様々なアプリを選んで利用する事が出来ます。

様々なアプリ利用に魅了を感じる方は『Versa2』や『Ionic』をオススメします。

オンスクリーントレーニング(コーチアプリ)

本機能は画面上にエクササイズ内容と時間が表示され、動きを見てマネしながら運動する事が出来ます。トレーニングの知識がなくても、手軽にエクササイズする事が可能です。

本機能は『Versa2』『Ionic』が対応しています。
『Charge4』は未対応です。

常時画面表示モード

『Versa2』のみ対応している機能です。『Charge4』や『Ionic』は未対応です。

『Charge4』や『Ionic』では画面を見る際に「ボタンを押す」、または「腕を上げる」という動作が必要です。

「腕を上げる」動作はかなり雑に動かしても認識し画面表示してくれます。
正直、常時画面表示はあっても無くても全く困らないというのが私の感想です。

ただ、常時表示されないと困る方は当然いらっしゃるかと思いますので、常時表示が必須である場合は『Versa2』を選択されることをオススメします。

(Fitbitアプリを使わない)単体での食事、水、体重の記録追加

2020年4月7日現在、『Charge4』が単体で記録追加できるかは不明です。
『Versa2』や『Ionic』は単独で記録追加できます。

『Ionic』等で数字入力する際の押す操作が難しいです。なので私は記録する際はほぼスマホで入力します
(というか最近は記録すらしてない…f^^;)

機種を検討される際にこの機能は気にしなくてよいかと思います。

adidas オンスクリーンワークアウト

『Ionicのadidas エディション』のみ対応しています。

※通常のIonicでは対応していませんのでご注意ください。

Adidasエディション専用オンスクリーンワークアウト機能は、ランニングにフォーカスした特別なワークアウトを実施できます。

○「ダイナミックウォームアップ」:ランニング前に身体温度を向上
○「パワーペース」:もっとしなやかで力強く無駄のない肉体に向けて
○「代謝促進プログラム」:インターバルトレーニングでスピードと代謝を向上

引用:fitbit公式サイトのfitbit ionic adidasエディションのページ (こちらから引用元のページを開けます)

『Ionic adidas エディション』には『通常のIonic』と比べて以下4点が付いています。

  • 専用のクロックフェイス
  • 専用のオンスクリーンワークアウト搭載
  • 専用スポーツベルト付き
  • 専用カラー(インクブルー/アイスグレー)

adidasエディションは通常版よりお値段が高いです。
私はIonicを購入する際、そこまで値段出してまで欲しい機能ではないと判断しました。

但し、最近は大分お買い得になっている時期もあります。
購入されるなら安い時を狙って買いたいものです。


※2020年3月中旬ごろにAmazonで『adidas エディション』が15,188円で売られていたようです。
※2020年4月5日現在、Amazonにて、Ionic [日本正規品]が13,973円、adidasエディション[日本正規品]が25,144円でした。

バッテリー

Charge4Versa2Ionic
バッテリー最長7日間
GPS利用で最大5時間
最長6日間最長5日間
GPS利用で最大10時間

1週間バッテリーがもつCharge4が圧倒的にオススメです!
ただ、週に2回充電すれば事足りるVersa2、Ionicでも慣れれば特に不便ではないです。

充電は1回につき1時間程充電すれば大体OKです。

相対的 SpO2 センサー

結論から言いますと『Charege4』『Versa2』『Ionic』のいずれも搭載されています。

相対的SpO2センサーにより血中酸素濃度を測定し、Fitbitアプリにて推定酸素変動量グラフを見ることが出来ます。

公式ページにはIonicは本センサーの記載がありませんが、私のIonicでは血中酸素濃度を測定し、Fitbitアプリにて推定酸素変動量グラフを表示することが出来ております。

環境光センサー

2020年4月5日現在、『Charge4』に環境光センサーが付いているかの情報がありません。
『Versa2』『Ionic』には搭載されています。

環境光センサーにより、明所/暗所での画面光量を自動で最適化してくれ、色々な環境で画面が見やすくなります。

マイク

『Versa2』のみ搭載されています。
Amazon Alexaでの音声使用の為に搭載されています。

デザイナーアクセサリー

『Versa2』には公式デザイナー作成バンドがあります。
『Versa2』はベルトやその他アクセサリー系が豊富なイメージがあります。
(多分ですが種類数は一番多いと思います)

『Versa2』はコンセプトやデザインがお洒落です。「まずは形から…」の方には『Versa2』をオススメします。ただ、個人的には『Charge4』のデザインも好みなので、気に入った機種を選ばれたらよいかと思います。

※ちなみに語弊や批判を恐れずに書きますと、私は『Ionic』を絶賛愛用しておりますが『Ionic』が一番ダサいと思っています(笑

本体、バックル、バンドの材質

金属等のアレルギーがある方は金属種類を考慮する必要があります。
使用しない/購入しない事も勇気かと思います。

そうでない方は、特に気にされなくてもよいかと思います。
どれを選ばれてもすぐ馴染むかと思います。

動作温度

『Charge4』『Versa2』は60°Cまで、『Ionic』は45°Cまでとなります。

最高気温51度を記録しているドバイやアラブ等にて使用される予定がある方は『Ionic』は避けて、『Charge4』『Versa2』を選択してください。


※この記事を見て下さっている殆どの方はそうではないと思いますので、あまり気にしなくてよいかと思います。

最高動作高度

3機種ともほぼ同じですので気にしなくてよいです。

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥19,641 (2020/07/01 20:21:03時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥24,991 (2020/07/02 08:44:09時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥14,121 (2020/07/02 08:30:48時点 Amazon調べ-詳細)

Fitbitを4年以上愛用する私が『ぶっちゃけ本音』を書きます

一覧表(私が注目する5点)

Fitbit Charge4Fitbit Versa2Fitbit Ionic
デザイン・オシャレ感・アクセサリ種類の多さ2位1位3位
付け心地1位2位3位
手軽な運動から本格的エクササイズまでカバー2位2位1位
スマホ持たずに単体で運動したい方向け2位3位1位
2020年04月05日時点での日本正規品の値段
(Amazon調べ)
19,982円24,991円13,973円
あめあられ
あめあられ

Ionicの値段が安すぎる!?

『ぶっちゃけ本音』を書きます

IonicとchargeHRを保有経験ある私が上記の注目点5点も踏まえ、『Charge4』『Versa』『Ionic』について思うことを書きます。

Charge4

付け心地は3つの中で間違いなく1番良いです!

付け始めて初めの数週間~数か月は違和感とストレスを感じますし、最も感じるのは寝る時です。普通の腕時計を寝る際に付けたら邪魔ですよね?『Versa2』や『Ionic』はそれに似た感想を持つと思います。

ただ、『Charge4』に関しては、少し細いだけなのにそれだけでストレス度合が凄く変わってきます。慣れるまでの期間は『Charge4』の方が圧倒的に少なくて済むかと思います。

違和感/ストレスが無くなるまでの期間がより短く、細くて軽いですから24時間付けっぱなしが当たり前になる感覚になります。その状態でふらっと何(スマホ)も持たずに散歩/ランニングを始めても、GPSによる正確な記録が自動で残すことができます。

無意識な日常使いを最も楽しめるのは『Charge4』かと思います。

私はそれをオシャレと感じちゃいますね…購入しようかすごく悩んでます(笑

但し、最初は初期不良等のトラブルがある可能性もあるので、しばらく様子見してもよいかもしれません。

Versa2

デザインや見た目に心奪われた方、またはAmazon Alexa機能にトキメキを感じるなら迷わず『Versa2』をオススメします!

「ランニングなどの際にスマホは絶対持ってく方」であれば『Versa2』で全く問題ないです。あとはデザインやつけ心地などの好みで決めればよいかなと思います。

Ionic

スマホ無しの単体で『音楽+GPS』を実現できるのはIonicだけです。

めちゃ快適で一度体験したら戻れないです。

2020/04/05時点のamazonでの日本正規品価格が「13,973円」ですよ!!
はっきり言って超お買い得です!

機能と値段だけ考えたら、悩むことなく『Ionic』一択です!

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥19,641 (2020/07/01 20:21:03時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥24,991 (2020/07/02 08:44:09時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥14,121 (2020/07/02 08:30:48時点 Amazon調べ-詳細)

それでも決めきれない【あなた】へ

デザインでお悩みでしたら『Ionic』の画像を網羅した別記事をご用意しておりますのでご参照下さい。