昔から体が硬かった自分が約2年間毎日前屈するとどうなったか?

スポーツ

こんにちわ、あめあられです!

昔から体が硬く、前屈で手が足に全く届かない自分が、
約2年間毎日前屈し続けたらどうなったのか?について記載させて頂きます。

スポンサー様のリンクです

前屈し始めたキッカケなど

興味ない方はこの章を読み飛ばして頂いても大丈夫です!
この章は前屈をやり始めたキッカケなどについて記載します。

キッカケ

このお話は10年以上前に遡ります。

当時はある激務プロジェクトに配属され、「毎日午前3~4時帰りで朝は8時半」の生活を
約半年程続け、何とか無事お客様にリリースする事ができました。

その後、仕事が落ち着いて暇になりましたので、運動でもしようかと思い、
ランニングやテニスを始めたのですが、運動が久々だったのか、身体が筋肉痛でダルい状態に
なりました!

寝る際にしんどいなーと思い、ふと何気なく前屈をしてみました。

足の裏側が気持ちいいなと…そこから毎日前屈(を含めたストレッチ)をするようになったのです!

約2年間休まず毎日やり続けました!

それから、 風邪ひいても熱出しても飲み会で夜がどんなに遅くなっても、

約2年間休まず毎日やり続けました!

1つお詫び

1つお詫びがございます。

何か月後にどの位の変化があったのかは記憶しているのですが、
毎日写真を撮っていた訳ではございませんので、本記事の写真は「先ほどまとめて撮った写真」
使用しております、あらかじめご了承下さい

0か月後(やり始めた際の身体の状態)

手の指が足の指に全く届かなかったです。届く気配がなかったです。
当時はこの写真よりもまだまだ届いてなかったと思います。(もっと手と足が離れていました)

1か月後

手先が足先に触れる事が出来るようになりました!
1か月で届くようになるとは思っていなかったので、ちょっと嬉しかった記憶がありますね。

ストレッチにハマってた頃なので、痛さによるストレス等はほぼ無かったです。

2.5か月後

写真がちょっと分かりにくいですが…
手の指が足の裏側に届くようになりました!

2か月半ぐらいで裏まで行けるとは思っていなかったので嬉しかったのと、
こんなに早いペースで柔らかくなるなら、手のひら全体が足の裏に行くのもすぐだな~と
思いました。

この段階ではまだ楽しくしていたので、苦痛やストレスはなかったです。

8か月後

いきなり8か月後なのですが、実は2か月半からしばらく、全く変化がありませんでした(ToT)

ダイエットで言う停滞期的なやつですね(汗

2か月半後から2~3か月間、全く変化がなかったので、姿勢を意識し始めました。
骨盤の姿勢を後傾から前傾(背中を伸ばしてお腹を前に突き出すような姿勢)にした姿勢で
前屈をし始めました。

太ももの裏が結構痛く、今まで「気持ちいい」の気持ちが多かったのですが、この頃から痛いな…と思うことが多くなりました。

多分、世の中の人はここでやめる人が一定数いるんだろうな~とかよく分からない事を考えていた
記憶があります(笑

自分は何でその時辞めなかったのかと言うと、はっきりとした理由は覚えていないのですが、仕事よりストレッチによる人間の変化の方が断然面白かったので、仕事のストレスをストレッチで癒されたかったという感情を記憶しております。

その結果、8か月根気よく続けた結果、手のひら全面が足の裏につくようになりました!

10か月後

上記で、骨盤の姿勢を前傾にした話をしたと思いますが、それが功を奏したのか、10か月後には顔が足につくようになりました!

顔が足につくなんて考えてもなかったので、着いた瞬間びっくりした記憶がありますf^^;

正直嬉しかったのと同時に、「これ、頭床に付くんじゃね?」というまたも訳の分からない事を思い始め…顔を床につけるまでは前屈はやめられない!という思いで、痛いのを我慢してやり続けた記憶があります。

11か月後

意外に早かったです。

頭が床に付ようになりました!

2年間続けた感想とその後

11か月後から2年間の間で大きな変化は特にありませんでした。

2年間前屈を毎日続けた結果

  • 手の平全体で足の裏を覆える、頭が床につくようになりました!
  • 身体の後ろ側の柔軟性が凄くあがりました!
  • テニスで届かなかったボールが異常に取れるようになりました!
  • 睡眠時などでよく足をつっていたのが、殆どつらなくなりました!
    また、足をつっても自分で足を返せるようになりました!
  • ストレッチにハマり、色んな内容のストレッチをほぼ毎日するようになり、身体の調子がすこぶる良くなりました!
  • 腰痛/肩こりがここ10年以上の間、1回もないです!

ストレッチは、運動パフォーマンスを低下するからやらない方がよい、などのエビデンスも出てきています。

しかし、ケガの予防や柔軟性向上に、とても有効なメソッドだと思います。
毎日とは言いませんが、少しのお時間でもよいので定期的にされることをオススメします!


ここまで読んで頂き、誠にありがとうございました。
本日は以上となります、またお会いしましょう!